自動バックアップの設定方法

何らかの原因でパソコンやPOS端末が故障した場合に備え、POSデータをバックアップしておくことはとても大切です。万が一に備え、ご利用中の端末とは別に外部ハードディスクUSBメモリにバックアップを取ることをお勧めします。データベース管理で設定を行うことで、自動的に指定した間隔で日別のバックアップファイルを作成することができます。


①自動バックアップを設定するには「データベース管理」を起動します。

IMG_165411125443

②Windowsのタスクマネージャーからインジケーターを表示し、データベース管理アイコンを右クリックします。

③メニューの「バックアップ(U)」→「バックアップ設定(S)」を開きます。

csanvaSAs

④バックアップ設定画面で、バックアップ先とバックアップを実行する間隔を指定します。

※バックアップ先は外付けハードディスクやUSBメモリ、他のパソコンなどを指定するようにしてください。

canvaSAs

⑤最後に「バックアップして設定を変更(S)」でバックアップを実行したあと、設定を保存し、終了します。

IMG_165611125623

以上で設定が完了しました。

次回、データベース管理が起動したときにこの設定が反映されます。

※上記設定でも正常にバックアップできない場合はサポートへお問い合わせください。



『飲食店・小売店・リサイクルショップ向けPOSレジシステム』
お見積・導入に関するご相談など、お気軽にお問い合わせください!

◆exPOSレジシステム飲食店向け機能
 http://www.feelix.jp/product/restaurant.html
◆exPOSレジシステム小売店・リサイクルショップ向け機能
 http://www.feelix.jp/product/retail.html
◆複数店のPOSデータをクラウドで分析 StoreAnalyzer
 http://www.feelix.jp/product/storeanalyzer.html


フィーリックス株式会社 お問い合せフォーム